九州を代表する暴れ川、筑後川について解説!

自然を学ぶ

筑紫次郎の異名を持つ九州の暴れ川

筑後川はは日本3大暴れ川の1つで「筑後次郎」という異名を持ちます。

 

関東の利根川を坂東太郎、四国の吉野川を四国三郎と呼び、3つの川は兄弟のように見立てられました。

筑後川について

 

川の長さ:143km

川の広さ:2,860k㎡

川の始まり:熊本県阿蘇郡小国町

始まりの高さ:?m

さまざまな山からいくつもの川が集まり、最終的に大きな川の筑後川になります。

 

筑後川は阿蘇山を水源として、熊本県から大分県→福岡県→佐賀県と4県をまたぎ、有明海へ流れる九州最大の川です。

 

筑後川の歴史

筑後川はかつて千歳川(ちとせがわ)、築間川、一夜川と呼ばれていたそうです。

 

江戸時代以前は、筑前と筑後の間の意味をとって築間川と呼ばれていましたが、江戸幕府の命令により、筑後川と呼ばれるようになりました。

 

また、鎌倉時代に作られた一首に千歳川(ちとせがわ)と呼ばれた記録があります。

 

一夜川については、川周辺に大雨が降ると一夜にして荒涼土地に変貌することから一夜側と呼んだといいます。

 

コメント