北海道を代表する石狩川について解説!

自然を学ぶ

石狩川は元日本一の川!?

現在、石狩川は日本で3番目に長い川(268km)、2番目に広い川(14,330k㎡)でとても大きな川です。

 

※日本一長い川は信濃川で367km

 

実は、戦前の1938年当時の統計によれば、石狩川は341km、明治時代の統計では370kmもありました。

 

370kmだった石狩川が100km近く短くなってしまったのは、短縮工事をしたためです。

 

石狩川は、広大な石狩平野をのびのびと自然のままに蛇行を繰り返しながら流れていきます。

 

車の運転で例えると、グネグネする道は嫌ですよね。まっすぐの道の方が運転しやすいです。

 

川も同じで蛇行(グネグネ)を繰り返すと水害もそれなりにあるらしく、人の手によって、短縮工事をせざるを得なく、結局現在の268kmになりました。

 

ちなみに、現在日本一広い川である利根川の16,840k㎡は70%水増しされた数字(水増し前は、計算上9905k㎡)ですので、広さでもかつては石狩川は日本一とされていました。

 

石狩川、あのどれん・・・

石狩川について

川の長さ:268km 

川の広さ:14,330k㎡ 

川の始まり:石狩岳(いしかりだけ)

始まりの高さ:1,967m

先ほど述べたように、川の長さが全国3位、広さが全国2位で、日本三代河川のうちの1つとされています。

 

北海道は、かつてアイヌ人が住んでいた場所で、アイヌ語の「イシカラ・ペツ」(曲がりくねった川)から、イシカリカワ→石狩川という名前になりまいた。

 

ちなみに北海道は、アイヌ語の名残で(ナイ・ベツ)がつく地名が多いです。

 

稚内(わっかない)市・登別(のぼりべつ)市など・・・

 

石狩川の支流、分流

1本の川には、多くの川が集まってきます。

 

川の水量や広さなどで有力になる川を本流、その本流へ合流する川を支流、本流から分かれてできた川を分流と呼びます。

これら全体を合わせて水系と呼びます。

支流:ラフティングでも人気、石狩川支流最長の空知川

アイヌ語でソー・ラプチ・ペツという言葉があります。

 

これは、滝が幾重にもかかる川という意味で、空知川はその名残りで命名された川です。

 

空知川源流近辺では、ラフティングが人気であり、北海道では有名な川です。

 

空知川は、シーソラプチ川・パンケヤーラ川・ルウォマンソラプチ川・トマム川など様々な川が落合駅付近で合流し、空知川となります。

ラフティングでも知られる川で、空知川周辺には住宅などが少なく、自然の中でラフティングを楽しむことができます。

支流:朱鞠内湖で有名な雨竜川

コメント