中部地方を代表する歴史深い川、木曽川について

輪中を形成する川で有名な木曽三川の一つ

木曽川は、日本アルプス(木曽山脈)の西側を流れ、木曽三川の長良川と揖斐川と併流し、伊勢湾へと流れていきます。

 

この三川に大雨が降ると、それぞれの下流域に甚大な水害を及ぼし、洪水によって運搬された土砂が自然堤防を形成しました。

 

この自然堤防を利用して、「輪中」と呼ばれる水防共同体が発達するようになりました。

木曽川について

 

川の長さ:229km

川の広さ:5,275k㎡

川の始まり:鉢盛山(長野県松本市)

始まりの高さ:2,446m

長野県木曽郡木祖村の鉢盛山を源とし、南西方向に流れて伊勢湾に注ぐ川です。

 

長良川と揖斐川を合わせ、木曽三川(きそさんせん)と呼ばれ、木曽川水系は全国5位の広さを誇ります。

 

揖斐川と長良川は河口直前で合流し、木曽川は合流せずそのまま伊勢湾に流れ出ていきます。

木曽川の歴史