知れば知るほど楽しくなる!いろいろなお肉の部位(BBQ編)

キャンプ料理

BBQ好きなら知っておこう!

 

もしかしたら、みなさんは・・・

カルビって脂っこいから、確かお腹らへんだよね〜
ホルモンってとりあえず内臓のどっかでしょ?

 

くらいの認識かと思います笑(私もそうでした)

 

BBQにハマってから、肉の部位を詳しく知りたいと思いました。

 

個人的にこれが面白く、みなさんにも知って欲しいので、まとめてみました。

 

BBQやってるときに、ドヤ顔で「これ、牛の背中だよ」って言おう。笑

 

BBQのためのブログですので、ここではBBQで出がちな人気なお肉(内臓系も含む)をご紹介します。

 

 

詳しい情報はこちらから↓

お肉をより詳しく!お肉・内臓系・品質等に分けて解説します!(牛編)
お肉といえば、なんといっても牛でしょう。 BBQや焼肉に限らず、すき焼きやステーキ・牛丼などでもよく食べられる代表的なお肉です。 お肉の部位(BBQ編)では牛肉・豚肉・鶏肉のそれぞれメジャーな部分だけを取り上げま...

牛肉について

 

牛は、前肢に重心が傾いているため、身体の前の方が筋肉質であり、硬めな肉であると言われております。

 

また、主に使う筋肉は脚であるので、背中のほうは比較的柔らかいお肉が多いです。

めちゃくちゃざっくりな図ですが、こんな感じ。

ステーキでおなじみのサーロインやリブロースなんかは、背中の部位です。

タン

牛の舌の部分です。

焼肉などでもお馴染みなので、ご存知の方がほとんどでしょう。

 

肉質は硬めで、歯応えがあり美味しいです。

 

一頭からは1〜2kgしか取れない希少部位です。

 

タンがBBQで出たときは、取り合いになりますね笑

ロース

ロースとは、肩から腰にかけた肉の部位です。

 

ロースの中でも、肩ロース、リブロース、サーロインなどありますが、ここではざっくりまとめてます。

背中はあまり運動しない部分なので、やわらかくきめが細かい霜降りが見られます

 

「肉の代表」って感じですよね!

バラ肉(カルビ)

牛のあばら付近の肉です。

 

あばらのバラをとってバラ肉と言います。

 

ちなみにバラ肉を韓国語で言ったものがカルビになります。

 

呼吸をするために常に動いているので、やや硬めで脂肪分が多いです。

安価なので、日常的に食べられる方も多い部位でしょう。

ハラミ

牛の横隔膜です。

横隔膜なので、部位的には内臓に該当しますが、見た目も食感もお肉です。

 

肉質はやわらかく、脂肪も適度にあります。

 

ホルモン

牛の大腸です。

小腸と一緒にモツとして売られていることもあります。

 

脂肪が濃厚でブニブニした食感、くせになりますね〜

 

焼くとめちゃくちゃファイヤーするので、テンション上がりますよ笑

豚肉について

豚肉は日本人にもっとも食べられているお肉であり、部位による肉質は牛とほとんど変わりはないでしょう。

 

ハムやベーコンなどの加工食品にもよく用いられるお肉でもあります。

 

豚も、タンやハラミは人気メニューかと思いますが、牛と同じ部位で内容も似ているので、ここでは割愛させていただきます。

豚トロ

豚の首に近い部分です。

 

脂肪がたっぷりで、とろけるような食感があります。

 

1頭から400〜500gほどしか取れない希少部位です。

ロース

牛と同様、肩から腰にかけた肉の部位です。

 

適度に脂肪がのっており、とんかつによく用いられる部位でもあります。

 

ハムやベーコンにも用いられることが多いです。

バラ肉(カルビ)

こちらも牛と同様、あばら付近の肉です。

 

脂肪をたっぷり含んでおり、濃厚な味わいです。

 

バラ肉の中でも、骨つきのものをスペアリブと呼びます。

 

スペアリブは沖縄の方言でソーキと呼ばれています。

 

あのソーキそばのソーキですね!

ガツ

豚の胃の部分です。

 

正直、BBQではあまり見かけないですが(そもそもスーパーに売っていない・・・)

 

居酒屋のガツポン酢が好きなので、紹介しました笑

ちなみに、ガツは牛の胃も含まれる場合があるそうです。

鶏肉について

鶏肉はなんといっても、低エネルギー・高タンパクなのに安い!

 

エネルギーの4割以上は皮に含まれているので、皮なしで調理すれば余分な脂質を抑え、さらにカロリーを抑えることができます。

 

その分、牛肉や豚肉よりパサパサ感は否定できませんが、上手く調理すれば美味しく食べることができるでしょう。

 

むね・もも

名の通り、鶏のむね・ももの部分です。

 

厳密にいえば、まったく別の肉ですが、食感や栄養素が似ているので、ここでは同じ括りとします。

 

両者ともにプリプリとした歯応えで、焼き鳥の中では代表的な存在でしょう。

 

むね肉の方が、脂質が少なくてヘルシーですが、皮を剥げばもも肉も脂質がほぼゼロにになり、筋肉フードとしても重宝されます。

 

コンビニに売っているサラダチキンは、むね肉を味付けして蒸したものです。

 

脂質を摂らないために、皮を剥ぐことが筋肉界隈では常識ですが、個人的に皮を捨てるのはもったいないので、私はそもそも皮がついていない状態のサラダチキンを買って食べてます(BBQ情報ではない)

砂肝

鶏特有の内臓で、胃の筋肉の部分です。

 

鶏は消化器官が発達していないため、この部分に砂を蓄え、食べたものを潰して消化をする手助けをしているそうです。

 

コリコリとした食感で焼き鳥でも人気のメニューでしょう。

ぼんじり

鶏のお尻の部分です。

 

一羽からわずかな量しか取れない希少部位とされています。

 

ですので、スーパーではあまり見かけないイメージ・・・

 

ヘルシーなイメージの鶏肉ですが、ぼんじりは脂が豊富でとても美味しいです!

手羽先

鶏の翼の先端部分です。

 

形的にも翼の一部のような感じですよね。

 

手羽先はやわらかく、脂肪も多めで濃厚です。

 

手羽先揚げがたまらないです・・・

 

また、居酒屋メニューの話になってしまいましたね💧笑

 

知るとまた、BBQや焼肉が楽しくなる!

 

こんな感じで、ざっくりBBQや焼肉でよく出てくるお肉を紹介しました。

 

今まで、なんとなく知っていたお肉も、詳しく部位を知ってみると

 

なるほど!だからこのお肉はやわらかいのか〜

 

みたいな新たな感動があるかと思います。

 

個人的に、特に好きな部位は、牛のハラミ、豚の豚トロ、鶏のぼんじりです!

 

さらに詳しくお肉について買いた記事も書いてます。是非みてください。

https://www.mammothblog.com/oniku-2/

 

以上!

 

コメント