日本一の川の長さを誇る信濃川について解説!

自然を学ぶ

流れる県によって呼び名が変わる川

信濃川は新潟県、長野県を流れる川ですが、正式に「信濃川」と呼ばれるのは新潟県内であり、長野県に入ると千曲川(ちくまがわ)と呼び名が変わります。

信濃川と呼ばれる部分は153km千曲川と呼ばれる部分は214kmであり、これらを合わせて367kmと日本一長い川となります。

信濃川について

川の長さ:367km

川の広さ:11,900k㎡ 

川の始まり:甲武信岳(こぶしがたけ)←長野県川上村
 
始まりの高さ:2,475m
じゃあ、信濃川って153kmで日本一ではないじゃん!

 

と言いたいところですが、河川法上、信濃川水系の本流は千曲川を含めた部分になります。

 

よって、信濃川は千曲川を含めた367mとなり、日本一長い川となります。

信濃川の名前

信濃川・千曲川の由来

信濃川は、大きな川という意味で「大川」と呼ばれていました。

 

その後、信濃国(長野県の旧称)から流れてくる川として信濃川と呼ばれるようになりました。

 

千曲川は、大河川がゆえに無数の曲流が見えるため、名付けられたらしいですが、諸説ありです。

 

千曲川の水源地域である長野県川上村の伝説があります。

高天原(たかあまはら)に住む神々の大きな戦いがあり、この時に流された血潮によってできた川とされており、血潮があたり一面隈なく流れた様子から「血隈川」→「千曲川」というようになったらしいです。

 

面白いですね〜…

 

なぜ信濃川・千曲川と名前が違うのか?

長野県側を千曲川、新潟県側を信濃川と正式に呼ぶようになったのは1986年の旧河川法制定による河川指定からです。

 

地域的に根付いた呼び名が、長野県側を千曲川、新潟県側を信濃川であるため、川の名前が地域によって違うと推測されます。

 

2つの名前を持つ川は、一般的に下流部の名前が呼ばれますので、日本一長い川といえば「千曲川」と言われず、「信濃川」と呼ばれます。

 

信濃川の支流・分流

1本の川には、多くの川が集まってきます。

 

川の水量や広さなどで有力になる川を本流、その本流へ合流する川を支流、本流から分かれてできた川を分流と呼びます。

これら全体を合わせて水系と呼びます。

支流:犀川(梓川)

川の長さ:152.7km

川の広さ:3,054k㎡

川の始まり:槍ヶ岳←長野県松本市

千曲川との合流地点:長野県長野市

始まりの高さ:3,180m

千曲川と信濃川同様に、この川も上流部を梓川、下流部を犀川と川の呼び名が変わります。

 

山岳景勝地として知られる上高地の大正池を形成しているの川がこの梓川です。

大正池の先には奈川渡(ながわど)ダム、水殿(みどの)ダム、稲核(いねこき)ダムがあり、それらは梓川3ダムと呼ばれています。

↑写真は奈川渡ダム

支流:魚野川

川の長さ:66.7km

川の広さ:1,519k㎡

川の始まり:谷川岳←新潟県南魚沼郡

信濃川との合流地点:新潟県長岡市

始まりの高さ:1,977m

 

魚野川からは越後三山といわれる八海山、越後駒ヶ岳、中ノ岳を見ることができます。

八海山といえば、新潟県を代表する地酒で、お酒の八海山を作る八海醸造の本社は魚野川の川沿いに位置しています。

 

 

以上、信濃川についてでした!!

コメント