日本一の長さを誇る信濃川について解説!

自然を学ぶ

流れる県によって呼び名が変わる川

信濃川は新潟県、長野県を流れる川ですが、正式に「信濃川」と呼ばれるのは新潟県内であり、長野県に入ると千曲川(ちくまがわ)と呼び名が変わります。

信濃川と呼ばれる部分は153km千曲川と呼ばれる部分は214kmであり、これらを合わせて367kmと日本一長い川となります。

信濃川について

川の長さ:367km

川の広さ:11,900k㎡ 

川の始まり:甲武信岳(こぶしがたけ)←長野県川上村
 
始まりの高さ:2,475m

 

じゃあ、信濃川って153kmで日本一ではないじゃん!

 

と言いたいところですが、河川法上、信濃川水系の本流は千曲川を含めた部分になります。

 

よって、信濃川は千曲川を含めた367mとなり、日本一長い川となります。

 

信濃川の歴史

川中島の戦い

川中島の戦いとは、戦国時代の武田信玄と上杉謙信との戦いです。

その舞台となる「川中島」は、千曲川と犀川が合流する合流点に名付けられた地名です。

 

 

信濃川の支流・分流

1本の川には、多くの川が集まってきます。

 

川の水量や広さなどで有力になる川を本流、その本流へ合流する川を支流、本流から分かれてできた川を分流と呼びます。

これら全体を合わせて水系と呼びます。

支流:犀川(梓川)

川の長さ:152.7km

川の広さ:3,054k㎡

川の始まり:槍ヶ岳←長野県

千曲川との合流地点:長野県長野市

始まりの高さ:3,180m

千曲川と信濃川同様に、この川も上流部を梓川、下流部を犀川と川の呼び名が変わります。

 

 

支流:魚野川

川の長さ:66.7km

川の広さ:1,519k㎡

川の始まり:谷川岳←新潟県南魚沼郡

信濃川との合流地点:新潟県長岡市

始まりの高さ:1,977m

 

信濃川のダム

コメント